ご提案・オートモーティブ

「VRTS(Vehicle Radar Test System)」のご提案
VRTS

ご提案のポイント

  • 車両の走行環境をリアルタイムにエミュレーション。
  • 仮想環境下でレーダシステム、ADAS ECUのソフトウェア制御を検証。
  • センサ出力の物理層測定やセンサフュージョンへの拡張も。

キーテクノロジー

Konrad社KT-VRTS、IPG社CarMaker、ADASシナリオシミュレーション


ご提案

車両の自動運転や運転支援における重要な要素技術であるレーダセンサー。実際の車両や道路環境で実施する前に、実験室環境で十分な試験を行うことが開発の効率化につながります。KGCのVRTS(Vehicle Rader Test System)は、お客様のレーダシステム、および自動運転システム開発を強力にバックアップします。

KGCのVRTSは、ドライビングシナリオをリアルタイムにエミュレート。レーダセンサ(実物)に対してシナリオの状況を反映する形で電波を送り返し、あたかも車両が実際に走行しているかのようなリアルタイム仮想環境を作り出します。これまで実験室環境では再現が難しかった緊急事態などの異常な状況下でのセンサのアルゴリズムやアダプティブクルーズコントロール機能の挙動を検証し、まさかの状況にも適切に処理が行われることを確認できます。

センサ出力の物理層測定を実行できるプラグインにより、占有帯域幅、FM復調、EIRPの測定が可能となるほか、レーダ、カメラ、GNSS、LIDARなどの異なるシステムを同期するための拡張性を備えています。

室内でドライビングシナリオをリアルに再現可能なアドバンテージを持つKGCのVRTSは、お客様のご要望に応じてソリューションを構築いたします。ご訪問してデモンストレーションすることも可能ですので、ぜひご相談ください。

特長

  • IPG社 CarMakerとも連携可能なシナリオベースのセンサ自動テスト
  • NCAP規格に準拠した障害物のシナリオ実装
  • RCS、距離、速度、AoAなどのターゲットパラメータを制御可能
  • センサフュージョンに対応可能なインターフェースを搭載
  • CAN/LIN/イーサネットの自動車用バスインターフェースに対応
  • 24GHz-77GHz-82GHzのレーダに対応


ページトップへ
TOP