製品情報・環境計測

HKS-9700

HKS-9700
超低消費電力型高精度データロガー

HKS-9700シリーズは「究極の低消費電力」で稼働し、従来製品*よりもさらに高精度な地震計測が行える新世代データロガーです。


概要

HKS-9700シリーズは「究極の低消費電力」で稼働し、従来製品*よりもさらに高精度な地震計測が行える新世代データロガーです。

 

HKS-9700b-05

* : 当社比

超低消費電力
  • 0.15W(24時間平均、3チャネル/±5V入力タイプ)の低消費電力
AD機能
  • 27bit 132db 4チャネルの同時サンプリング

GPS時刻補正
  • 位置固定を行うことにより、1衛星補足状態から時刻補正が可能
  • 取得済みのアルマナック情報、エフェメリス情報は本体電源off時にも保持可能
データ記録機能
  • CFカードにサンプリングデータをWIN/WIN32形式で連続記録可能
  • 大容量CFカード(32GBまで動作確認済み)をサポート
ネットワーク機能
  •  オプションのテレメータボードを内蔵することで、オンライン観測点をコンパクトに構築可能

特長

0.15W以下(100Hz時 24時間平均)の「究極の低消費電力」

"0.15W(24時間平均)の低消費電力

これまで以上に徹底したパワーセービング機能により、0.15W以下(24時間平均、3チャネル/±5V入力タイプ)の低消費電力を実現します。

従来のオフライン観測よりも、さらにパフォーマンスが向上します。

27bit 132dB 3または4チャネルの同時サンプリング

27bit 100/200Hzの常時サンプリング

3または4チャネルのアナログ入力を100Hz/200Hz 27bitで同時サンプリングする性能を持ちます。サンプリングはGPS衛星から取得された正確な時刻情報に同期しており、時刻情報と共にCFカードに記録されます。

ダイナミックレンジは100Hz/27bit時において132dB以上を実現。

1衛星補足状態からも時刻補正が可能

1衛星補足状態からも時刻補正が可能

サンプリングデータはGPS衛星から取得された正確な時刻情報に同期しており、時刻情報と共にCFカードに記録されます。

通常、正確な時刻を得るためには3衛星以上を補足する必要がありますが、位置固定モードを使用することにより1衛星補捉状態から時刻校正が可能です。

取得したアルマナック情報、エフェメリス情報は本体電源off時にも保持されます。

内蔵テレメータボード(オプション)でネットワーク対応可能

内蔵ボードでネットワーク対応

本機にオプションのテレメータボードを内蔵することにより、オンライン観測点をよりコンパクトに構築することができます。

リアルタイムのデータ送信、動作状況の確認や設定の変更等のリモートメンテナンス機能が拡張されます。

大画面で波形表示をさらに大きく

大画面で見やすい有機ELディスプレイ

表示装置として有機ELディスプレイを採用。大きな表示画面により、波形表示が格段に見やすくなりました。

また、表示チャネルの選択や、表示スケールの変更が可能ですので、本体のみで詳細に波形を確認できます。

コンパクトで取り扱いが容易な筐体設計

コンパクトで取り扱いが容易な筐体設計

操作部、コネクタ類を前面に集中配置することにより、縦置き設置した状態のままでアクセスが可能です。

また、ラック設置時に操作パネルが正面を向くため、操作が容易です。

その他の特長
  • 標準的なWIN/WIN32形式をネイティブサポート

  • 用途にあわせてカスタマイズ可能な「EXT.」コネクタ(シリアル通信、PPS信号入力、キャリブレーション等)

  • 入力レンジ±5V/±15V、チャネル数3/4を選択可能な4モデルをご用意


仕様

アナログ入力部

入力チャネル

差動3チャネルタイプ および 4チャネルタイプ

入力レンジ

±5V/±2.5V/±0.5V (±5V入力タイプ)

±15V/±5V/±0.5V (±15V入力タイプ)

入力インピーダンス

1MΩ(同相)/2MΩ(差動)

サンプリング周波数

20sps/100sps/200sps/1000sps

デジタルフィルタ

最小位相 / 直線位相

形式分解能

27bit / 24bit選択可能 (ΔΣ方式)

ダイナミックレンジ

132dB以上 (入力レンジ±5V(±5V入力タイプ)または±15V(±15V入力タイプ)時、最小位相、サンプリング100sps時)

その他入出力

GPSアンテナコネクタ

BNC × 1 (5V/3.3V対応)

EXT.ポート

RS-232C

1

データ保存用カードスロット

Compact Flash Type 1

スロット数 : 1 容量 : 最大32GB フォーマット : FAT32

SD・SDHC

現在対応しておりません

データ形式
  • WIN形式/WIN32形式

※WIN形式は、東京大学地震研究所で開発された多チャネル地震波形データ処理システム「WINシステム」で使用されるデータ形式です。

※WIN32形式は、防災科学技術研究所がWIN形式を拡張し、開発したデータ形式です。

消費電力

電源電圧

DC9V - DC16V

電源入力

3系統 (定電圧電源入力×2、バッテリ入力×1)

消費電力

0.15W以下(24時間平均、3チャネル ±5V入力タイプ
入力レンジ±5V、サンプリング100sps、

GPS受信間隔1時間の場合)

外形/重量

外形寸法

W220×D160×H75mm(突起部含まず)

重量

1.1kg以内

装置条件

動作温度

-20〜50℃

保存温度

-20〜65℃ 

動作湿度

20〜90%(結露なきこと)

保存湿度

20〜90%(結露なきこと)

粉塵

特にひどくないこと

腐食性ガス

ないこと

ラインナップ

チャネル数や入力電圧の異なる4つのバリエーションをご用意しました。 

型番

チャネル数

入力電圧

ボディカラー

HKS-9700a-05

4ch

 ±5V

 ライラック

HKS-9700b-05

3ch

 ±5V

 ローズ

HKS-9700a-15

4ch

 ±15V

 アクア

HKS-9700b-15

3ch

 ±15V

 タンジェリン

関連商品

HKS-9700専用オプション等につきましては、こちらのページをご参照ください。

 


ページトップへ
TOP