製品情報・環境計測

HKS-9505

HKS-9505
IPテレメータ

製品コードHKS-9505
希望小売価格 ¥126,000(税込)

概要

ネットワーク機能
  • 計測装置の100Hzサンプリングレート3chのWIN/WIN32データを送信、
    遠隔地からの動作状況の確認、設定変更などのメンテナンスが可能

電源管理
  • オプションのAD電源装置と専用バッテリーにより、通信回路が途絶えても連続観測が可能
データ記録機能
  • 内部ストレージに標準で4GBを内蔵し、サンプリングデータをWIN/WIN32形式で連続記録が可能
動作状態
  •  本体前面のLEDランプにより状態の確認が可能

特長

インターネット標準に準拠したネットワーク機能

サンプリングしたデータはネットワークを経由してデータ収集拠点へ送信します。

100BASE-T、TCP/IP、UDP/IPといったインターネット標準技術に準拠し、データ収集やメンテナンス時に使用する機器はUNIX、Windows、MacOSなどプラットフオームに問わずご利用いただけます。

標準的なWIN/WIN32形式をネイティブサポート

ネットワーク経由のデータ送信やデータ蓄積は、地震計測分野で標準的に利用されているWIN形式、またはWIN32形式によって行われます。

遠隔メンテナンス機能

IP接続された遠隔端末より、Webブラウザを使用して電源状態や動作状態、設定の確認および変更を行うことができます。

リアルタイム波形転送

計測装置で収録された波形データを受け取り、リアルタイムIPテレメータとして複数拠点に送信することができます。

データ収録

計測装置で収録されたデータは、本機の内蔵ストレージに蓄積され、通信回線トラブル時等のバックアップデータとしてご使用いただけます。

蓄積されたデータは、遠隔端末よりWebブラウザを使って波形グラフの形で閲覧することができ、またブラウザ上の操作によりファイルとしてダウンロードすることができます。

内部ストレージはリングバッファ(巡回書き込み)として使用されるため、空き容量が不足してきた場合、古いファイルより自動的に削除されます。

バックアップ電源

オプションのAD電源装置と鉛蓄電池装置を使用することにより、停電時にも継続運用が可能です。


仕様

入出力インターフェース

ADC I/F

計測機器接続用インターフェース

USB2.0

2ポート(拡張用)

RS-232C

メンテナンス用に使用

ネットワークインターフェース

コネクタ

100Base-TX/10Base-T

プロトコル

TCP/IP,UDP/IP

※サンプリングレート100HzでWIN/WIN32形式で送出可能

内部ストレージ
容量 標準4GB(8GBに変更可能)

内部ストレージにデータ保存可能

データ形式
  • WIN形式/WIN32形式

※WIN形式は、東京大学地震研究所で開発された多チャンネル地震波形データ処理システム「WINシステム」で使用されるデータ形式です。

※WIN32形式は、防災科学技術研究所がWIN形式を拡張し、開発したデータ形式です。

消費電力

電源電圧

DC12V(DC10.5V~DC16V)

消費電力

2.4W以下(24時間平均)
HKS-9550データロガー本体の消費電力を含む
USBポートへの接続含まず

外形/重量

外形寸法

W160×D120×H50mm
(突起部含まず)

重量

700g

装置条件

動作温度

-20〜50℃

保存温度

-20〜65℃ 

動作湿度

20〜90%(結露なきこと)

保存湿度

20〜90%(結露なきこと)

粉塵

特にひどくないこと

腐食性ガス

ないこと

 

付属品 / ユーザーズマニュアル、接続ケーブル、ACアダプタ、ボタン電池(CR2032)、保証書

オプション / AD電源装置、鉛蓄電池装置、LANケーブル


ページトップへ
TOP