KGC 株式会社計測技研
トップページ › 環境計測 › 導入事例 › FOMAユビキタスモジュールリモートモニタリング地震観測システム

FOMAユビキタスモジュールリモートモニタリング地震観測システム
導入事例紹介

FOMAユビキタスモジュール搭載ボードをHKS-9700本体に内蔵し、地震波形データを逐次クラウドサーバに保存。波形はもちろん、ロガーの設定や状態を確認できるサービスです。


特長
  • 設置は地震計とコンパクトなボックスのみ※※。用地交渉や設置作業もスムーズです。
  • データはクラウドに蓄積されるので、世界中どこからでも、必要なときにアクセス可能です。
  • バッテリ運用(100Ah)で2ヶ月間、太陽光パネルを追加すればさらにそれ以上の長期運用も。
  • HKS-9700シリーズの機能をリモートでご利用いただけます。
関連製品

 

※「FOMA/フォーマ」「WideStar/ワイドスター」は株式会社NTTドコモの登録商標または商標です。

※※オプションで太陽光パネル等が追加される場合があります。

ご採用事例

2014年、2015年に噴火事象が発生した鹿児島県屋久島町 口永良部島 新岳における観測事業(東京大学地震研究所様、京都大学防災研究所様)に、本システムをご採用いただきました。

 

KGC 株式会社計測技研
〒329-1233 栃木県塩谷郡高根沢町大字宝積寺2021-5 ソフトリサーチパーク情報の森とちぎ TEL 028-680-1611
©2007- Keisokugiken corporation.