オートモーティブ事業のご紹介

オートモーティブ事業について

私たちオートモーティブグループは自動車向けの計測・制御アプリケーションの開発はもちろん、未来へつながる基礎研究から製品化をするための応用研究まで幅広い分野のシステム開発にチャレンジしています。

主力開発環境

NI LabVIEWを使用したシステム構築を中心に行っています。10名のNI認定技術者により、専門的で高度な課題の解決をサポートします。

精密な計測・制御システムの構築やシステム信頼性の必要な工場のオートメーションシステム、シミュレーションモデルを使用した解析とリアルタイム制御を必要とした要求にも対応できます。

また、その他の言語を組み合わせたシステムのご提案も可能です。

 

豊富な知識でお客様の課題を解決

お客様が抱えている様々な課題をシステムコンサルティングを通して、課題に合わせた最適なプロジェクトチームを編成。豊富な知識を持った技術営業によるシステム導入前のご相談をお受けします。

 

スピーディな開発プロセス

スピーディな開発プロセスを実現するために、アジャイル開発プロセスを導入しています。通常のシステム開発期間は数カ月から1年ほど必要な場合が多いですが、アジャイル開発を行うことで優先度の高い部分から始めるため数日から数週間のスパンで実際にお客様にお使いいただけるようになります。そのため、スピーディなシステム開発が可能になります。

また、従来のパッケージシステムでは対応不可能な機能の実現をご希望の場合、弊社では統合した最適なカスタムソリューションをご提案いたします。

 

プロジェクトマネジメント

システム開発を成功させるために、CCPM(Critical Chain Project Management)を採用しており、お請けしたプロジェクトのスコープを明確にすることで高い品質をご提供いたします。

日々顧客満足度の向上に努めております。

オートモーティブ事業のお知らせ

第13回オートモーティブワールド
オートモーティブイベントセミナー
2021/01/26 【終了】DCM関連オンラインセミナー開催のご案内

2021年2月5日(金) 15:00より「いまある直噴インジェクタの制約からの解放」と題して、DCMに関するオンラインセミナーを開催いたします。

第13回オートモーティブワールド
オートモーティブイベント
2021/01/15 【終了】第13回オートモーティブワールド出展のお知らせ

2021年1月20日(水)から1月22日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第13回オートモーティブワールド」において、計測技研はSMFLレンタル株式会社様ブースにて展示を行います。


ページトップへ
TOP